« 2010年7月 | トップページ | 2011年7月 »

2010年8月

2010年8月17日 (火)

ファームウェア

8/13のエントリで紹介したFanatecPorsche 911 Turbo S Wheel Ultimate Editionですが、何故かハンドル単体での調整機能で回転範囲やFFB・振動の10刻みの設定ができない状態になりました。
どうやらファームウェアが古いバージョンになってしまったようです。
そこでFanatecから最新のファームウェアをダウンロードしてアップデートすることにしました。しかし私のPCは2台ともWindows7の64bitのため途中で失敗してしまいます。
何度か試行錯誤を繰り返しなんとかWindows7の64bitでもファームウェアのアップデートを実行する方法を見つけましたのでここにまとめます。

ファームウェアのアップデートは専用のツール上で2段階で行われるのですが、1段階目が終わった段階でPorsche 911 Turbo S WheelはFANATEC UPDATE PORTというUSB-RS232C通信デバイスになってしまうのですが、32bitのWindowsの場合はそのドライバであるusbser.sysというファイルがWindows自体に標準で用意されているのですが、64bitの場合は標準では用意されていないためドライバのインストールに失敗してしまいデバイスが使用できない状態になってしまうのが原因のようでした。

いろいろ調べたところ、このusbser.sysというのはMicrochip社のusb通信ライブラリを使っているということがわかったので、こちらのフォーラムにアップされていたMicrochipのライブラリ集をインストールして、その中から64bit用のusbser.sysを探すことにしました。
インストールフォルダの下の"USB Device - MCHPUSB - Generic Driver Demo\Driver and inf"にあるmchpusb64.sysがそれっぽいのでこれをusbser.sysとファイル名を変更し、ファームウェアのファイルを解凍したフォルダの下の"PWTS_UE_Bootloader_rev669\usb driver"にコピーします。
これでドライバの準備ができたのでアップデートを行います。

まず一端Porsche 911 Turbo S Wheelの電源を落とします。
次にガイドボタン(Xbox360のシンボルマークが描かれているボタン)を押しながら電源を入れます。
10秒ほどガイドボタンを押しっぱなしにしているとボタンの左上が点灯しブートローダーモードに切り替わります。
USBケーブルでPCに接続しデバイスが認識されたらファームウェアのファイルを解凍したフォルダの下の"PWTS_UE_Bootloader_rev669"にあるUpdateTool.exeを右クリック→プロパティー→互換性の互換モードでWindows XP SP3互換で動作させるように設定し実行します。
UpdateToolが起動したら右上のStep 1のところにある「Open pw1 file / program」をクリックしPWTS_UE_Cable_boot_rev669.pw1を指定すると1段階目の作業が実行されます。
作業が完了してStep 2の「Open pw2 file / program」というボタンが押せる状態になったらデバイスマネージャーを立ち上げてUSBの不明なデバイスを右クリックして「ドライバーソフトウェアの更新」を選択し、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選び「次の場所でドライバーソフトウェアを検索します」の参照ボタンを押してファームウェアのファイルを解凍したフォルダの下の"PWTS_UE_Bootloader_rev669\usb driver"を指定して実行するとドライバのインストールがされてFANATEC UPDATE PORTが使用できるようになります。
UpdateTool右上のStep 2の「Open pw2 file / program」をクリックしPWTS_UE_Base_boot_rev669.pw2を指定するとファームウェアのアップデートが実行されます。
作業が終了するとハンドルが再起動されてキャリブレーションが行われてLEDの表示が---になり完了です。
あとはモード(PC/PS3/Xbox360)を切り替えればそのまま使用できます。

以上Windows7 64bitでのPorsche 911 Turbo S Wheelのファームウェアのアップデート方法でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel Ultimate Edition

9/21のエントリで紹介したFanatecPorsche 911 Turbo WheelからPorsche 911 Turbo S Wheel Ultimate Editionに買い換えたので簡単に比較とレビューをします。
ちなみにUltimate EditionはPorsche 911 Turbo S WheelのPure EditionとClubSport Pedalsがセットになったものです。

まずは正面からの写真(クリックすると本来の大きさで表示されます)。右側がPorsche 911 Turbo S Wheel、左側がPorsche 911 Turbo Wheel
ほとんど差はありません。ぱっと見でわかるのはスポークの隙間から見えるパドルとLED上のコネクトボタンぐらいでしょうか。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真 正面 比較

右側面から。右側がPorsche 911 Turbo Wheel、左側がPorsche 911 Turbo S Wheel
Porsche 911 Turbo Wheelはシフト接続用のPS/2端子と電源端子のみなのに対し、Porsche 911 Turbo S Wheelはペダル接続用のPS/2端子と電源スイッチが追加されています。
紫がシフト用で緑がペダル用です。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真 右側面 比較

右側面から。右側がPorsche 911 Turbo Wheel、左側がPorsche 911 Turbo S Wheel
Porsche 911 Turbo Wheelはシフト接続用のPS/2端子のみですが、Porsche 911 Turbo S WheelはPC/PS3と接続するUSB端子が追加されています。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真 左側面比較

ステアリング裏側から。Porsche 911 Turbo Wheelだとシフト操作用のボタンだった部分に、Porsche 911 Turbo S Wheelでは小さいパドルが直接装着されています。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真 裏側

ただこのパドル、サイズが小さくて操作可能な範囲があまり広がらないのと、ステアリングとの距離が近すぎて激しいステアリング操作時に指をぶつけてしまいやすいことから評判があまりよくなく、取り外してしまう人も多いようでした。
その状況を改善するべく開発されたのがClubSport Shifter PaddlesClubSport Shifter Paddles CARBONです。

Fanatec ClubSport Shifter Paddles CARBON パッケージ 写真

パッケージを開けると大型のパドル、スペーサー、取付用のビスが入ってます。

Fanatec ClubSport Shifter Paddles CARBON パッケージ 写真 内部

装着した状態。これでステアリングとの間に十分なスペースも確保され、パドルも大型化されたので広いポジションで操作可能になります。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真 裏側

今回一番変化の大きい部分であるペダル側。今回買い替えを決めた一番の理由はここだったりします。
大きさはだいたい同じぐらいです。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真 ペダル 正面 比較

側面から見た大きさもだいたい同じぐらいですが、ペダルのストロークはPorsche 911 Turbo Wheelのペダルに比べてClubSport Pedalsは2割ほど深くなってます。
またその動き自体も非常に滑らかです。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真 ペダル 側面 比較

クラッチとブレーキのプレートは取付位置を変更して自分好みの位置へ調整ができるようになっています。
その他にも分解や調整が容易にできる構造になっていますので、アクセルとクラッチのプレート・スプリング・配線を入れ替えて壁に逆さに取り付ける事でオルガン式から吊り下げ式のペダルに変更する事なんかもできたりします。
なおアクセルとクラッチは磁気式非接触センサー、ブレーキは感圧式センサーになってます。

Fanatec ClubSport Pedals 正面

裏側から。
先端中央付近にあるのが制御基板で緑の端子がハンドルと接続用のPS/2端子で黒いのがPCと単体で接続する場合のUSB端子です。
ブレーキべダルのプレート裏側に見える黒い部品が振動用のモーターで、ゲーム側が対応していればゲーム内のABSの動作状況に応じて振動させる事が可能になっています。

Fanatec ClubSport Pedals 写真 裏側

ペダルの後ろ側に見えていた靴はClubSport Pedals導入に合わせて準備したドライビングシューズ、PilotiSCUDERIA
ClubSport PedalsLogitechFlight System G940のラダーペダルは素足だと特に冬場の使用が厳しいと思われるので室内履きの必要性を感じてしたので思い切って購入してみました。

Piloti SCUDERIA 写真

設置状態。
ClubSport Pedalsはストロークが増えた分奥まで踏み込みやすいように後端をレンガの上に置いてアングルを付けてあります。

Fanatec Porsche 911 Turbo S Wheel 写真

今まで使用してたPorsche 911 Turbo WheelRennSport Wheel Stand+RennSport Wheel Stand Shifter Adapter-Porsche Wheels and G25/G27に設置して応接間のPS3用に。

Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel 写真

これで自室のPC/PS3はPorsche 911 Turbo S Wheel、応接間のPS3はPorsche 911 Turbo Wheelという環境になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2011年7月 »