« Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel | トップページ | Need for Speed: SHIFT »

2009年10月12日 (月)

Hパターンシフト

前回レビューしたFanatecPorsche 911 Turbo WheelのHパターンシフトを分解してみました。
各ギア位置のキャリブレーションが存在することから可変抵抗を使った方式なのは予測できましたが、どういう構造になっているのか興味がありましたので分解してみました。
写真はクリックすると本来の大きさで表示されます。

側面のビスを外してカバーを取った状態。
下のカバーに付いている肌色の物はクッション材(エラストマー?)で反対側のカバーにも付いています。
これがレバーを左右に操作した際にレバーの付いている黒いドーム状のパーツの左右の端に押しつぶされて、その反発力でレバーがセンターに戻るようになっています。

Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel 写真 Hパターンシフト

金属球はスプリングで支えられており、この球が上下の窪みに嵌ることでシフトレバーを前後に動かした時の位置とクリック感を出しています。

Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel 写真 Hパターンシフト

白いドーム状のパーツの内側に前後と左右の動きを検出する可変抵抗が2個あります。
それぞれの可変抵抗には動きを伝えるための黒い半円形のパーツが付いてます。

Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel 写真 Hパターンシフト

白いドーム後方の開口部。
可変抵抗に繋がっている黒いパーツが見えており、その穴にシフトレバーから伸びてる突起を刺すことでシフトレバーの動きを可変抵抗に伝えます。

Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel 写真 Hパターンシフト

白いドームの頂点部分。Hパターンの溝が切られてます。
リバース位置への溝に突起を付けて実車のようにリバースに入れる際には力を入れて横に操作しなければいけないようにされてます。
私の操作が荒くリバースに入れる際にきれいに真横に操作できていない(あと5→2や4→2時に横に入れすぎている)せいもあってか、2速からリバースへの角の部分が削れちゃってます。

Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel 写真 Hパターンシフト

シフトレバーの底。中央のビスがHパターンの溝に沿って動くことになります。
左側の突起が白いドーム内の黒いパーツの穴に刺さります。

Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel 写真 Hパターンシフト

以上Fanatec Porsche 911 Turbo WheelのHパターンシフトの内部構造でした。
非常にシンプルな構造である事がわかってもらえたと思います。

|

« Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel | トップページ | Need for Speed: SHIFT »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/452452/31756468

この記事へのトラックバック一覧です: Hパターンシフト:

« Fanatec Porsche 911 Turbo Wheel | トップページ | Need for Speed: SHIFT »